UnityPackageUnPacker

UnityPackageUnPacker

このツールはunitypackageを指定フォルダに展開できるツールです! ■ 使用方法 ツールを起動してunitypackage・展開先を選択してUnPackボタンを押します。 unitypackageを開く方法はいくつか用意してあります。 ・ツールを起動して「開く」ボタンから選択 ・ツールを開いてウィンドウにドラッグ&ドロップ ・exeに直接ドラッグ&ドロップ ・エクスプローラーの送るメニューからこのツールを選択(この設定を有効にするには一度ツールを起動して「設定」→「送るメニューに追加」を有効にする必要があります。) また、展開オプションとして以下の設定が可能です。 ・フォルダ自動生成 ・展開後フォルダを開く ■ ライセンス ・UnityPackageUnPacker MIT License - LICENSE.txt ・使用ライブラリ WindowsAPICodePack - https://github.com/aybe/Windows-API-Code-Pack-1.1 / License:Custom License https://github.com/aybe/Windows-API-Code-Pack-1.1/blob/master/LICENCE ■ 更新履歴 ・v1.2 「送るメニューに追加」ボタンを追加しました。(エクスプローラーでunitypackageを「右クリック」→「送る」でこのツールを選択する事で展開できます。) 「フォルダ自動生成」ボタンを追加しました。(展開の際にunitypackageのファイル名でフォルダが自動生成されます。) 「展開後フォルダを開く」ボタンを追加しました。(展開後に展開先のフォルダを開きます。) 上記全てメニューの「設定」ボタンから設定可能です。 ・v1.1 細かいバグ修正 ・v1.0 リリース

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

このツールはunitypackageを指定フォルダに展開できるツールです! ■ 使用方法 ツールを起動してunitypackage・展開先を選択してUnPackボタンを押します。 unitypackageを開く方法はいくつか用意してあります。 ・ツールを起動して「開く」ボタンから選択 ・ツールを開いてウィンドウにドラッグ&ドロップ ・exeに直接ドラッグ&ドロップ ・エクスプローラーの送るメニューからこのツールを選択(この設定を有効にするには一度ツールを起動して「設定」→「送るメニューに追加」を有効にする必要があります。) また、展開オプションとして以下の設定が可能です。 ・フォルダ自動生成 ・展開後フォルダを開く ■ ライセンス ・UnityPackageUnPacker MIT License - LICENSE.txt ・使用ライブラリ WindowsAPICodePack - https://github.com/aybe/Windows-API-Code-Pack-1.1 / License:Custom License https://github.com/aybe/Windows-API-Code-Pack-1.1/blob/master/LICENCE ■ 更新履歴 ・v1.2 「送るメニューに追加」ボタンを追加しました。(エクスプローラーでunitypackageを「右クリック」→「送る」でこのツールを選択する事で展開できます。) 「フォルダ自動生成」ボタンを追加しました。(展開の際にunitypackageのファイル名でフォルダが自動生成されます。) 「展開後フォルダを開く」ボタンを追加しました。(展開後に展開先のフォルダを開きます。) 上記全てメニューの「設定」ボタンから設定可能です。 ・v1.1 細かいバグ修正 ・v1.0 リリース